週末田舎暮しへの道

週末田舎暮しをする場所を探し、その結果、縁あって家を建てました。 できるだけ化学的な素材を使わず、住むことで健康になることを願って建てた家です。これから家を建てようと思っている方に、少しでも参考になればと思います。

土地

温泉に宿泊したことが、土地に結びつく

ブログネタ
地方の暮らし に参加中!
前回までのお話し。http://ouchi.doorblog.jp/archives/39968323.html

何となく気になっていたその地域は、のどかな農村地帯の趣。


後から地元の人に聞いた話では、江戸時代には宿場町として栄えた街道だったらしく、そのためか至るところに温泉宿が点在しています。

その頃は、まだインターネットで検索・・・という環境がなかったので、旅行雑誌を買って目ぼしい宿に電話。ある温泉宿の一軒が空いていたので予約。宿泊することにしました。

食時、女将さんは広間のお客様にご挨拶を兼ねてなのか、それぞれ順番に話かけていました。私のところへ来ると、「今回は何を目的にお越しになったのですか?」と聞いてきました。

「何を目的に」とは、何とも不思議な質問。まるで土地を探しに来ている私の目的が顔に書いてあるかのようでビックリしました。温泉宿に泊まっている人に向かって「何が目的ですか?」とは、あまり質問しないような気がするんですけど。

で、あまりに図星な質問に驚き戸惑いながらも、さすがに「土地を探しに来ました」などと雲を掴むようなことは恥ずかしかったので言えず。そこで「週末農業でもやろうかと思って・・・」みたいな、あいまいな返答をしました。

女将さんはさらに「週末だけちょっとやる程度?土地を買って住んだりしないの?」みたいな、ハッキリと内容は覚えていませんが、何だかますます心を見透かしたような質問。


私もつい興味があるので、将来、田舎に住むことも視野に入れていることを伝えたら、その女将さんはさらにさらに意外なことを申し出てきました。

「今、ちょうどいい物件を知っているんだけど、明日の朝、見に行ってみない?知人から、誰か土地を買いたい人がいたら紹介してほしいと頼まれているんだけど。せっかくだし、見るだけならタダだから大丈夫よ。」

えっ?

なんだか、意外な展開。

まあ何はともあれ、おっかなびっくりではあるものの、翌朝女将さんに案内してもらうことにしました。


田舎物件はこうして探す 300万円で...

田舎物件はこうして探す 300万円で...
価格:1,620円(税込、送料別)



田舎暮らしの場所えらび

田舎暮らしをする土地を選ぶ際に心掛けたこと。

・別荘という位置づけではなく、ご近所づきあいを含め、その土地に馴染むスタイルにしたい。

・農作業もやりたい。

・東京から通えそうな距離。

土地選びといえば、不動産屋さんに頼むのかもしれませんが、自分にとって、不動産屋さんはとても敷居が高い。

今すぐ購入するという確実な思いがあるわけではないし、何より「資金があるから買う」という状況ではなかったので「後に引けなくなったらどうしよう・・・」という不安が先立ちました。

つまり資金もないのに、冷やかしで物件を見ることになってしまうので、とても不動産屋さんにコンタクトを取る勇気はありませんでした。

そこで、まずは田舎暮し用の情報誌を買いました。

そこには田舎暮し用の物件が掲載されていて、中には家を含めて200万円という物件が。

金額的には、グッと現実感が溢れてきますが、写真で見ると周囲の雰囲気がちょっとイメージ違う感じ。

なんというか「不便な普通の住宅地」といったような・・・ち、違う。。。

そのうちに、掲載物件をふらりと見に行ってみようかと思い始めました。ドライブがてら訪ねてみるというのも、その土地の雰囲気を肌で感じることができるので、いいかも、と思ったりしていました。



【送料無料】週末田舎暮らし術 [ 成美堂出版株式会社 ]


【送料無料】ほどほどに食っていける田舎暮らし術 [ 今関知良 ]