「自分で田舎をつくろう!」

いろいろ理由はあるけれど、私は、まず「田舎」を取り戻したかった。そして、それが私だけでなく、日本に「田舎」を取り戻すことにつながってほしい。

小学生の頃、夏休みになると毎年のように訪れた郷里では、うるさいくらいの蝉の声を聞いた。

井戸で冷やしたスイカも食べた。

あの頃は、トマトやきゅうりも新鮮で強烈な香りがあった。スイカだって採った後、地面にそっと置いても「パッ」と割れるくらい熟れて甘かった。

夏の日差しは強くて暑かった。クーラーなんて無いから扇風機や団扇(うちわ)でバタバタ扇(あお)いだ。

夜には蚊帳(かや)が吊るされて、カエルの声、虫の音、夜の闇。。。

そんな楽しかった思い出の場所も、祖母が他界してからは無くなりました。

大人になるにつれ、子供の頃に楽しんだ、あの「田舎」の風景が、どうしても私の心を捉えて離さなくなっていきました。

だから。「自分で田舎をつくろう!」

美濃ふるさと企画◆木製ミニハウス(固定式) 組み立てキット◆8畳タイプ美濃ふるさと企画◆木...

女性が一人でも建てれる家Duplex(デュプレクス)132